IT業界で重要なのは、人材育成です。IT業界で活躍していくために身に付けておくべき基礎スキルや、スペシャリストなどに必要な高度なスキルまで、いろいろな形での人材育成や、研修が行われます。しかもこれは新卒者や、未経験者のための研修ばかりではなく、ある程度資格を持っている人や、経験などを積んだ人にも研修の必要性があります。

日々色々な最新技術が生まれているからです。プログラマーやシステムエンジニアのための、基本的な技術力(アルゴリズムの書き方など)をしっかり把握しておかなければ、プログラムを書くことなんてできません。またバグやエラーに対しての対応力・解決力なども重要になります。研修でしっかり学んだことを、実践で生かすために、自分で考える力なども必要です。研修には1日がかりで行われるものと、2か月ほどにわたる長期研修などがあり、現役のエンジニアや、スペシャリストの講師陣により行われることがほとんどです。
マネジメントスキルやコミュニケーションスキルが身に付く研修などもあり、先ほど書いたように、新人向けの研修ばかりではありません。また企業により行われる研修などもありますが、各種のアカデミーなどに委託して研修制度を導入しているところもあり、その場合、いろんな企業から研修に参加してくるため、情報交換の宝庫にもなります。いずれも研修を受けると言うことは、自分のスキルを上げるためですので、こういう研修制度は、幅広く利用していくべきだと思います。

You can leave a response, or trackback from own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です