IT業界で働くとなると、大体は技術者として働くことになると思います。
技術者というとプログラマーやシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーなどが上げられます。プログラミング言語を理解してそれを元にソフトウェアを作り上げるプログラマー、ソフトウェアを作る計画を立てて調整していくシステムエンジニア、プロジェクトの全体を見る言わば総監督のようなポジションのプロジェクトマネージャー。
この他にも様々な技術者がいてシステムが作られていくわけですが、代表的なのはこれら3つではないでしょうか。順当に出世していくとプログラマー、システムエンジニア、プロジェクトマネージャーとなっていくのが通例です。しかしその人の向き不向きもあるので、例えばプログラミング言語を学ぶのが好きで黙々と作業するのが向いているという人はプログラマーをずっと続けていく、というのもありですし、システムエンジニアは調整役であるので顧客とのコミュニケーションも含まれます。
ですので人付き合いが苦ではなくあくまで現場に関わっていたいという人に向いていると思います。プロジェクトマネージャーは人を指揮することが得意な人が向いている仕事だと思います。プロジェクトマネージャーは給料もいいですから、多くの人の憧れではありますが、その分現場に関わるというよりはスケジュール管理をして責任を負うという立場ですから、それ相応の覚悟も必要です。
いずれにしても、必要な能力は違いますから自分の特性ややりたいことを見極めて何をするか、したいかを決めていけばいいと思います。

You can leave a response, or trackback from own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です